優しい男性なら常識?アレルギーを起こさないための金属選び。

プラチナでも大丈夫?

永遠の愛を誓い合った相手がいる証としてはめる結婚指輪。普段からはめ続けている人も多いですよね。でも、金属アレルギーの人にとっては、金属の種類によっては肌荒れやかゆみの原因になってしまうこともあります。もしパートナーが金属アレルギーをすでに発症していたり、重いアレルギー体質の場合は、贈る指輪の金属についても考えてあげるのが大切です。自分のことをそこまで考えていてくれたなんて、と感動してくれるでしょう。
汗で金属イオンが溶けにくいものならアレルギーが出る心配はありません。該当する金属はいくつかありますが、ブライダルリングによく用いられるプラチナも金属アレルギーになりにくく、劣化しにくいのでおすすめです。

専門のブランドのものを

プラチナ以外で金属アレルギーが発生しない金属としては、チタンやタンタル、サージカルステンレスなどがあります。このうち、サージカルステンレスは医療用に使われるステンレスのことで、体内に入ってもアレルギーが起こらないので安全性の高いことで知られています。今まではジュエリーにするには硬すぎるので、加工するのが難しかったのですが、技術の進歩で結婚指輪として申し分のない装飾性を獲得するまでになったのです。
チタンなどの金属を使ったアクセサリー専門のお店もあるので、指輪選びにおいて不便に感じることはまずないでしょう。どこが販売しているかわからないものよりも、チタンアクセサリーのブランドなど信頼できる所で買った方が安心です。

© Copyright Stackable Rings. All Rights Reserved.